高槻の摂津峡のところにある桜広場にて。

摂津峡公園(桜広場) | 高槻市営バス



桜の幹に地衣類がびっしりと付いている。

桜の幹には地衣類がびっしり付いているイメージがあるけれども、桜には地衣類が付きやすいといったことはあるのかな?

地衣類という菌たちの巧みな生き方


それは一旦置いといて



根元ではところどころ地衣類が浮き始めているところがあって、



地衣体がぽろっと落ちているところもある。

とりあえず、この地衣体が土の形成に関係しているかもしれないし、ひっくり返したら何かわかるかもしれないとひっくり返してみた。



裏が褐色になっていた。

このまま溶解みたいに消えていくのかな?