近所の雑木林に入る機会があった。

日が差し込んでいることからわかる通り、この雑木林は落葉性の樹木が主で構成されている。


上の写真の中心に写っている木だけれども、



樹皮の模様が中心を境にして向きが変わっている。

下が左側に向かった模様で、植えが上側に向きを変えている。


木の特徴の一つに木が小さい時に上から何らかのものが載っかっても伸長出来ることが挙がっていたことを思い出した。

上の写真のような樹木の模様の向きが変わることも注目していくと得る事が多いのだろうなと。