そろそろ6月。

6月といえば雨の季節


雨が降るといろいろと不便になって億劫になる時期だけど、

雨が多いからこそ見れるものもある。


雨の季節といえば、

一番最初に連想されるのが紫陽花(アジサイ)の花だと思う。


アジサイは、

土の色によって花弁の色が変わる

リトマス紙みたいな特徴があるっていうけど、


それは本当なのかいな。

という風に思うことがある。


なぜなら、

アジサイも様々な色とりどりの様々な品種があるから。


なんて前置きはここまでにしておいて、

京都でアジサイといえば大原三千院だけど、

忘れてはならないのが梅宮神社


ということで、

昨年の6月初旬に行った時の写真でも載せようかと思う。


今回は本当にただ載せるだけだぞ。


最初はとりあえず、みんながイメージするであろうアジサイの写真から










装飾花(ぐるっと取り囲んでいるように咲いている花)は咲いているけど、

両性花(中心の蕾みたいなところ)は咲いてないのも多いから、

昨年の写真を撮影した時期は少しはやかったね。



梅宮神社のハナショウブ