QLabelとQLineEditを組み合わせてみる。

下記のコードを入力する。

package main

import (
	"os"

	"github.com/therecipe/qt/widgets"
)

func main() {

	app := widgets.NewQApplication(len(os.Args), os.Args)

	window := widgets.NewQMainWindow(nil, 0)
	window.SetMinimumSize2(400, 200)
	window.SetWindowTitle("QLabel")

	widget := widgets.NewQWidget(nil, 0)
	boxLayout := widgets.NewQBoxLayout(3, nil)

	input := widgets.NewQLineEdit(nil)
	input.SetPlaceholderText("Please input number")
	boxLayout.AddWidget(input, 0, 0)

	label := widgets.NewQLabel2("時間", nil, 0)
	boxLayout.AddWidget(label, 0, 0)

	widget.SetLayout(boxLayout)
	window.SetCentralWidget(widget)

	window.Show()
	app.Exec()
}

ここで注意しないといけないのは、QLabelとQLineEditの順番である。

QBoxLayout(3, nil)では、先に書いた方が下に表示されるので、上に表示したい方を後に書いていかなくてはならない。

ここでは、時間の下にフォームを設置したいので、時間を表示するQLabelを後に書く。