SOY CMSに限らず、PHPで動いているパッケージをサーバにアップロードした後に管理画面を開くと、

真っ白のページが表示されるか、



403 Forbiddenのページが表示されるかのどちらかのエラーの連絡がくることが多い。

この二つのパターンだけど、これから紹介するどちらかで解決することがほぼ全てです。




SOY CMSを例にして記載しますが、

/インストールディレクトリ/admin/webapp/以下にあるindex.phpかinit.phpを開いた時にファイルが空の場合、

サーバにアップロードする前のZIPファイルの解凍で失敗しています。


ZIPファイルの圧縮と解凍は同じように見えて、

年々圧縮のアルゴリズムが改善されています。


開発が止まっている解凍ソフトを利用していると、

新しい圧縮のアルゴリズムで圧縮されたものを解凍する際にエラーが発生して、

一部のファイルが空で復元されることがあります。


解凍ソフトはリリースノートが常に新しくなっているものを利用しましょう。

Windowsだと7-Zipがおすすめです。




403 Forbiddenの方もSOY CMSを例にしますが、

初期管理者の画面を開こうとした時に403になった場合、

/インストールディレクトリ/admin/webapp/以下にindex.phpやinit.phpがあることを確認しましょう。


なければ、FTPによるサーバへのファイルのアップロードのエラーです。

Windowsでよく使用されているFTPクライアントでは、

初期設定で100ファイルを超えるようなパッケージをアップロードするとエラーでアップロード出来ず、

エラーになってもアップロードの処理が止まらないのでエラーに気が付かない

といったものがあります。


PHPのようにサーバに配置しただけで動くようなWebアプリを利用する際、

FTPクライアントは比較的安定したものを選ぶようにしましょう。


私はいつもFileZillaをおすすめしています。