メインの開発機をRaspberry Pi 4Bにしてみる以降、Raspberry Pi 4B 8Gを使い続けているけれども、今のところ、特に不便を感じない。


あえて挙げるならば、ブラウザを開いた時の動作のもっさり感あたりだろうか。

もっさり感を回避するために、デスクトップをGNOMEからLXDEに変えた。

GNOME - Wikipedia

LXDE - Wikipedia


Ubuntu 22.04のLXDEに変えてから、




上のキャプチャのようにFirefox(snap版)のアイコンを設置することができなかったので、頑張ってアイコンを配置してみることにした。




環境

マシン:Rasbperry Pi 4B 8G

OS:Ubuntu22.04

デスクトップ:LXDE


デスクトップエントリを作成する。

$ sudo nano /usr/share/applications/firefox.desktop

firefox.desktopには下記の内容を記述し保存する。

[Desktop Entry]
Name=Firefox
Type=Application
Icon=/snap/firefox/current/default256.png
Exec=firefox
Categories=Network

保存後に画面左下のメニュを開き、



インターネットの箇所にFirefoxが追加されていることを確認する。

Firefoxが追加されていたら、Firefoxの箇所で右クリックし、



デスクトップに追加を押すことで、デスクトップの左上にFirefoxのアイコンが設置された。


今回利用したデスクトップエントリの詳細はデスクトップエントリ - ArchWikiをご覧ください。

デスクトップエントリのファイルを配置したディレクトリの/usr/share/applications/ディレクトリは全ユーザ対象のエントリの作成になり、下記のディレクトリに配置することで~/.local/share/applications/ディレクトリで個別ユーザ対象となるらしい。