CORE i5 iiyamaのパソコンを購入した。

WSL2(Windows Subsystem for Linux:以下wslと表記)が入っており、WindowsでLinuxが使える点が購入に決めてだった。

Windows Subsystem for Linux - Wikipedia


wslを使う利点は、プログラミングの実行環境を準備するのがWindowsの標準を使うよりはるかに簡単である。

私の開発環境は、wslでLinuxのUbuntuを使えるようにした。

その手順は、下記のページを参考にした。

Windows Subsystem for Linux (WSL) を Windows 10 にインストールする | Microsoft Docs


今回の目的は、wsl上でApacheをインストールしてSOY CMS(SQLite版)の動作環境を準備することである。


最終的な環境

OS:Windows 10 Home

wsl2上の環境

Ubuntu-20.04 

Apache2.4.38

PHP7.4.3


端末を開き、下記のコマンドを実行する。

#Apatcheのインストール
$ sudo apt install apache2
#PHPのインストール
$ sudo apt install php
#SOY CMSで必要なPHPのエクステンションを入れる
$ sudo apt install php-curl php-mbstring php-gd php-sqlite3 php-xml php-zip php-apcu

#.htaccessを利用できるようにする
sudo nano /etc/apache2/apache2.conf

#AllowOverride NoneをAllに変更する
<directory /var/www>
        Options Indexes FollowSymLinks
        AllowOverride None → All
        Require all granted
</directory>

#apache2のmod_rewriteモジュールをアクティブ
sudo a2enmod rewrite

#Apache2の再起動
sudo /etc/init.d/apache2 restart

ちなみに、Apache2の標準設定で/var/www/htmlがドキュメントルートになるので、SOYCMSを動かすには、同様に/var/www/html直下に置く必要がある。

次にWindowsのネットワークを開く

ここでネットワークの探索が無効になっていますという警告がでたら、

設定→ネットワークとインターネット→ネットワークと共有センター→共有の詳細設定の変更→ネットワーク探索を有効にするにチェックを入れる。

そうすると上記のようなDESKTOPのアイコンが出ます。


窓に//を打ち込むと、wsl/Ubuntuの環境に接続でき、中のディレクトリが表示されます。

そうすると、デスクトップ上からwslの環境に接続できるようになります。

ここから↑で/var/www/htmlまで移動します。


htmlフォルダにカーソルを当て右クリックでWindowsのデスクトップ上にショートカットを作っておく。

次にSOY CMSをダウンロード

/soycms/soycms/からSQLite版を選択しhtmlディレクトリにダウンロード

下記のページを参考にしてcmsのディレクトリを残してzipファイルの解凍

SOY CMSのインストール - SOY CMSを使ってみよう


ブラウザを開いて、アドレス欄にhttp://localhost/cms/adminを入れて、SOY CMSの管理画面が表示されたら完了。

表示されない場合は、端末で下記のコマンドを打ち込み再読み込みする。

$ sudo /etc/init.d/apache2 start 

関連記事

さくらのVPSにUbuntu18.04を入れてSOY CMSを動かした時のメモ