イヌムギの花が咲いている。


イネ科の草の中で初春あたりから開花するので、

この花を見かけるとそろそろ春も中旬かなと思えてくる。


このイヌムギ、



葉にねじれがあり、

中央辺りから発生した葉がねじれ始め、

いつのまにか裏側が上向きになっている。


これは原始的な葉の特徴みたいで、

葉の表裏で葉緑体の数の差があまりないみたい。

(大半の植物は葉の表に葉緑体がたくさんある)


裏にも葉緑体が多いことで、

葉にねじれが入る。


このねじれが他の草よりもはやく成長できる秘訣なのだろうか?