京都の古くからある神社には、

フタバアオイが描かれているところがいくつもある。


で、

そのフタバアオイというのが、



これで、

このフタバアオイがどんな花を咲かせるのだろう?

と思っていたら、


すでにこの株は花を咲かせているらしい。




葉の下にあった。


花は目立つために、葉の上に花を咲かせるだろうというのは人目線であって、

フタバアオイがアリやクモを媒介しているのであれば、



葉の上で開花する必要なんて全く無い。

(もしくは自家受粉)


花で葉を遮光しなくて良いし、

葉よりも上にいる昆虫向けに花を咲かせていないならば、

無理に上で開花しなくてもいいもんな。

フタバアオイ - Wikipedia