比較的日陰の時間が長い道で、



おそらくヌスビトハギであろう草が繁茂していた。

萩は群れた方が良さそうだ


繁茂しつつ、葉が枯れていないように見えていれば、



朝方、葉の上におそらく溢泌液らしき水滴が葉の上にあった。

溢泌液に虫が集まる


真夏の地面が熱せられる中、



アスファルトの一角で水滴があるというだけでなんとも涼し気な気持ちになれるものだ。


将来、

すすしげな(地温が上がりにくい)アスファルトというものは出来るのだろうか?