朝起きたら、


アサガオから知る病気にかかりにくい株


この株がなんか元気がなかった。

※この写真は元気がある時で、元気がないときは焦りのあまり撮影を忘れた。


見てみると、



ネキリムシにかじられていたのよ。

※握爪龍の方は更にかじられていましたが、余裕がなくて撮影していない。


やられたのは二株で、



一株は大きかったから余裕で耐えるけど、

握爪龍の方はそうはいかない。


ネキリムシは近くにいるものらしいので、

プランタ内を軽く掘り返してみたらいたよ。



コガネムシの幼虫が。

ネキリムシといえば、ガかコガネムシの幼虫。

まさかプランタにいるとは思わなかった。


幼虫なのでまだいるかもしれない。


ということで防衛戦を張る。



ネキリムシは地上を這って移動し、茎に近づきかじるということで、

卵の殻で防衛戦を張る。


握爪龍の方は、やばいことになっているが、



頂点がかろうじて元気なので、

※この写真は被害にあってから一日経過している。対策は昨日


不定根が生えれば回復するのでは?と期待して、

不定根が生える条件を必死に思い出してみる。

不定根は最後の手段


確か、アサガオは胚軸からたくさんの不定根が生えるはずだから、

胚軸を土に埋めればなんとかなるか!


ちなみに胚軸というのは、



地上部で双葉よりも下の部分


この胚軸を土に埋めるために、



先ほど作成した防壁の上にこのように落花生の殻を配置し、



中心に土を入れ込んでかさ上げをした。


なぜプランタ全体をかさ上げしなかったのか?といえば、

かさ上げをしないことで、



落花生の殻の山の中には防波堤があって、

殻で山を作っているので、

万が一ネキリムシがいても、被害に合う率は軽減しただろう。



残る懸念事項はかじられた傷口から病気の菌が入ることだけど、

病気になったら諦めよう…


続きの記事

憎きネキリムシ、卵の殻の壁を超えられず