ヤンマーアグリジャパン株式会社 中部近畿カンパニー 南丹支店さんで有機と無機の話をさせていただきました。


有機化合物は分解することによって肥効を発揮し、

無機化合物はイオン化することによって肥効を発揮する。


慣行栽培だからこそ、有機を知るべきだし、

有機栽培はもっと無機について知るべきだ。


そうすれば、

組み合わせによって肥効は増すし、

少ない肥料で長く効くようにもなる。


慣行では土壌劣化に対する意識が少なく、

有機では知らぬ知らぬのうちに発生している劣化での障害で、

アプローチは違えど、抱えている問題は同じである様に感じる。


若干、有機の方が自然と寄りそうという姿勢の分、状況を確認する意識が少なく、問題が発生してから解決までの時間がかかるというか、消えていく様に感じる。


長かったヤンマーさんでの勉強会も次回で最後です。

最後のテーマは劣化についてお話します。