夜久野高原の宝山にて、山頂付近の木が倒れていた。

夜久野高原の宝山の麓に落ちていた緑の石


根元を見てみると、



根元付近で根が朽ちていて、

地上部を支えられなくなったのだろう。

根元で根が切れていた。



地上部の重みで木は地面から抜け、



その時に土をごっそりと持ち上げる。

根の大半は土の中に残るため、

土には木質化した根と根の中の空洞が残るはず。


木質化した根は腐植のように振る舞うから、

木質な有機物(リグニン)由来の有機物が腐植であるだろうと言いたくなるものだ

枝は腐植になるか?