ある日、

とある本、


といってもいつものJAのあの本だけどね。

真砂土にある粘土は引っ張る力が弱い?


ぱらぱらとめくっていたら、

植物の必須要素の一覧とおもな吸収形態のページに目がいった。


必須要素というのが、窒素、リン酸、カリ、カルシウムやマグネシウムといったいつものあれで、

肥料成分としての窒素(N)


吸収形態というのが、

窒素だったら、NH4+やNO3-

リンだったら、HPO42-やH2PO4-

鉄だったら、Fe2+やFe3+

といった形でどんなイオンになって植物に吸収されるのか?

というもの


よく話題に出るので、

大体イメージはつくのですが、


この手の話で忘れてはならないのが、

多すぎて意識しなくて良い要素


例えば、炭素(C)、水素(H)、酸素(O)


JA全農 肥料農薬部 施肥診断技術者ハンドブック 2003 66ページから引用


JAの本だったら当然書いてあるわな。


ん?



水素って水素イオン(H+)や水酸化物イオン(OH-)で吸収することがあるの!?


土壌が酸性に傾いていたら、

土壌中の水素イオンを吸収する植物がいるってこと?


よく茶の木が酸性土壌を好むっていう話があるけどそういうこと?


仮に積極的に水素イオンを吸収する植物がいたら、

休ませている土壌にその植物を繁茂させているだけで、

pHは中性に近づくってこと?


まぁ、実際のところはどうだか知らないけど、

この一覧を改めてみたときに上記のことが頭に浮かびましたとさ。