午前10時頃のとある公園。

撮影日の早朝に雪が降っていたらしく、



写真に写っている大きな木の影のところには、

雪がうっすらと残っている。


それ以外のところは溶けている…


と思いきや、



木の陰の先端の箇所で、



先端も同じように雪が残っているのだけれども、



この少しずれた箇所でも、



雪がうっすら積もっている。

考えるまでもなく当たり前の話で、



太陽の動きに合わせて影ができるという規則で、

この写真で影は太陽が昇ることに合わせて奥の方に向かうわけで、



影でなくて雪がうっすらと残っている箇所は、

ついさっきまで影の場所だった。



一方、この写真でいう影より奥側は、

既に太陽の強い日差しを浴びているので雪は既に溶けている。


だからどうした?

という話ではあるのだけれども、


一つの公園において、

局所的に長い時間雪が残る場所があるとなると、

そこの土や草はどうなるのだろう?

とふと疑問に思った。


関連記事

水田の土は重い