即効性肥料の代表格である硫安と、

硫安の代わりに使われ始めた尿素、


尿素は硫安の様な速さで肥効はあるの?

という話題になった。


とりあえず化学式を書いて考えてみよう。




硫安は


速さの代償


(NH4)2SO4硫酸塩である。


一方尿素は、


肥料成分としての窒素(N)


(NH2)2COで有機化合物である。


硫安は水溶性で水で溶かすと即効でイオン化するので、

溶かす→すぐに効く

という解釈であながち間違いではないだろう。


2NH4+ + SO42-


一方尿素は塩ではなく有機化合物なので、

何らかの酵素反応を挟まなければいけない。


尿素を分解するのはウレアーゼという酵素で、

何らかの土壌微生物が合成できたはずで、

加水分解で尿素を分解する。

ウレアーゼ - Wikipedia


式は、

(NH2)2CO + 4H2O → 2NH3 + CO2 + 2H2O → 2NH4+ + CO2 + 2OH-

で水を加えて分解してアンモニアと二酸化炭素を排出する


分解は水に溶けてから酵素反応という硫安より1ステップ多くなるので、

尿素は硫安の様な速さで肥効を示すことはない

ということは言える。


どれくらい遅くなるか?は

土壌のコンディションによって異なるので、

何とも言えないよね。

(栽培にとって良い土程、肥効が速い)


尿素のモル質量は硫安の大体半分なので、

肥効は硫安の半分の量で十分だろう。


-続く-