フォッサマグナ 糸魚川-静岡構造線


日本列島誕生。大陸からの分離


前回、日本列島の誕生として、ユーラシア大陸の東端で大陸のプレートと海のプレートがぶつかり、

大陸の東端が分離した。


分離した島は2つに分断されて、徐々に大陸から離れていった

という話を記載した。


2つに分断された島は

一つはユーラシアプレートの上に載り、

もう一つは北アメリカプレートの上に載る。


この2つの島はプレートの衝突という形で接近する。

この時に、



西日本と東日本の島の間に大きな溝ができる。

更に北アメリカプレートがユーラシアプレートの下に引き込まれ、

引き込まれの際のエネルギーによりプレートが溶けマグマだまりができる。


マグマだまりが出来たということは、

ここで火山が形成され、噴火が発生する可能性が出来、



西日本と東日本の間の大きな溝で、



海底火山からはじまり、



何度も噴火したことで、島間の大きな溝は埋まり、



海よりも火山灰が増えた後も更に噴火し、


Tectonic map of southwest Japan.png
CC BY-SA 3.0, Link


広域の火山灰質の地質とそれを母岩とした土質が形成された。

島間に火山灰が満たされた後もプレートのぶつかりは終わらず、

更に圧力がかかり、フォッサマグナの地質は更に隆起した。

※浸水した火山灰は含水鉱物の粘土となる。

注目の資材、ベントナイトについて知ろう


ここまでの話で言えることは、

西日本から東日本に向かう間に広域で地質、土質が全く異なる地域があるということだ。


先日の長野県栄村小滝集落の話で、

腐植層が50cmある厚層の黒ボク土があると記載した。

黒ボク土は本当に良い土なのか?前編


フォッサマグナの成り立ちから考えると、

フォッサマグナ内に小滝集落があるわけで、

ここに腐植層が深い土地があるということは自然と繋がってくる。

長野の栄村小滝集落の米づくり前編


余談だけれども、



北アメリカプレートとの衝突により西日本の東側で付加体が隆起するため、

岐阜から関西圏に渡って付加体の地質になる。


だから、

岐阜の七宗町で日本最古の石が見つかったり、

飛水峡で日本最古の石が発見された


滋賀県の東側や奈良県の吉野郡で石灰岩(堆積岩)による地形が形成されていたり、

醒ヶ井宿の居醒の清水

天川村洞川の鉄鉱跡にて


京都市内の山やその麓で海の生物の死骸由来のチャートがたくさんあったりするのか!

いわくらとチャート


追記

フォッサマグナの新しい地質(火山灰質)の深さは最低でも6000m程はあるらしい。

フォッサマグナパークの近くにある博物館で購入できる「よくわかる糸魚川の大地のなりたち」という本に上記のような記載があった。


関連記事

ブルカノ式火山の火山灰の土としてのポテンシャル

大阪市内でシラスと出会った