今朝、とある場所で霜柱を見た。


霜柱といえば、



霜柱が下から土を持ち上げる


こんな感じで、土を持ち上げたり落としたり。

柱として凍っている箇所に水が集中するため、


土が湿ったり乾いたりを毎日繰り返すことになり、

これが鉱物の風化につながり、

結果、団粒構造の形成で重要な役割を占めることになる(らしい)

土壌のアルミニウムが腐植を守る


でだ、

近所の水田はどうなっているのだろう?と帰りに寄ってみた。



あぁ、雪が積もっているね。



水田特有の粘土で引き締まっている状態だと重いのだろうか?

霜柱は形成されていない。


そういや、

草の根が生えているところって霜柱は立つのかな?

ってふと疑問になった。


これから朝はそういうところも注意深く見ていくことにしよう。


関連記事

寒起こしで土を引き締める