自転車で水田の横を走っていると、



今年もそろそろイネの収穫の時期だろうと。


ここで思うことは、

人の農耕文化の中で、

もっとも偉大な育種(品種改良)は脱粒性がなくなったことだと思う。


脱粒性、

読んで字のごとく粒が脱する性質のことで、



熟したらタネが速攻で地面に落ちる特徴だけど、

水田のイネの収穫をイメージしてみると、

コンバインで走る直前まで穂が残っている。

(タネは実ったら速攻で地面に落ちれば鳥に食べられないから安全)


これが脱粒性の欠損で、

完全に熟すのを待ってから、

一斉刈りとりができるようになった。


つまりは、

少ない労力でたくさんの収穫ができる様になったわけで、


空いている時間で他のことができる様になり、

様々な食べ物を得て栄養の面で安定した。


太古の人たちは、

たくさんの株の中から脱粒しない株を見つけたのか?


たまたま、

なまぐさだったところの水田で脱粒していない株があって、

偶然それが残って発見されたのか?


おそらく後者だと思うけど、

人類史上、相当大事な発見だったのだろうなと



自転車に乗りながらふと思った。