以前、鶏糞について調べている時、

糞由来の構成を知るためには餌を知るべき

ということで、


コトブキ園さんから

普段どのような飼料を与えているのか?

というものを教えてもらった。


発酵鶏糞ができるまで2:成分編


鶏の餌の主なものはトウモロコシだということは分かったが、

飼料を調べている時にやたらとフィターゼ配合という表記が目についた。


フィターゼ?


何の生理反応に関わっている酵素だろう?

と調べてみたところ、


フィチン酸を分解する酵素ということが分かった。


フィチン酸?


フィチン酸 - Wikipedia


Rがリン酸なので、たくさんリン酸の付いた有機態リン酸なのね。

穀物のタネのリンの貯蔵の為にこの形になっているみたいで、


フィターゼ配合の必要性があるということは、

消化に関して厄介な特徴があるっぽい。

ということでさらに調べてみたら、


フィチン酸には強いキレート作用があるみたいで、



こんな感じで、

リン酸以外のミネラルがフィチン酸とつながってしまい、

繋がったミネラルが吸収できなくなるらしい。


ついでにこの形状になったらリン酸も吸収できないので、

有機態リン酸の形状のリン酸がたくさん含まれていると、

大事な栄養分が未消化のまま排泄されてしまう


これは困ったということで、

フィターゼはどのような反応をするか?ということに繋がるが、

それは次の機会に記載しよう。


-続く-