滋賀県の能登川にある水車

今でも回ってはいるが保存用。



かつては水力を利用して精米や製粉に利用していたらしく、

今でも展示として一式は残っていて利用可能とのこと。



水車を見ていて思ったんだけど、

木を組み合わせていて綺麗な円を形成しているでしょ。


稼働開始時点ではおそらく問題ないだろうけど、

可動が長くなるにつれて老朽化が進んでいく。


当然修理もしてきたわけなんだけど、

この水車の綺麗な円が修理によって歪なものになった場合、

それでも製粉のパフォーマンスは落ちないのだろうか?


なんてことを頭に浮かんだ時、

この水車一つとっても腕の良い大工がいただろうし、

緻密に計算できる算術者もいたはず。


計算が上手い人がいないと、

こんなにも大きな円をこんなにも綺麗に作れないだろう。


数学が社会を豊かにしたと感じざるを得ない造形でした。