今回も観察からの持論みたいなものだけど、



植物が土に根付いたら、



排水性が悪いところでも、

上の図のように雨上がりに水がはやくに引いていった様に見えた。


草が生えれば、

雨上がりに長い期間水溜まりができなくなるので、

後発の草が生えにくくなる。





草抜きをしてみたり、

苗を土から抜き取ってみると、

上の写真の様に根が硬い土を貫通していることが良く見られる。


この土を触ってみると、

ボロッと砕けて細かくなる。


根が貫通することで、

土の塊が細かくなるらしい。





草を刈り取ると、根が腐植の原料になるし、

根ごと抜き取ると、砕かれた土のところに空気が入る様になる。


まとめると、

動けない草自身が育ちやすい様に、

周囲の土壌環境を良くするのだろうなと。


この特性を利用する為に緑肥というものがあるが、

それはまた別のお話で。