塩の前に前回の続きで


なんで脂肪酸が



この図でいう右側の丸のところで極性をもったら、



こうなるの?(ミセル化)

という話だが、



現時点での脂肪酸塩は上記の様に、

右側の部分が疎水性で水と反発し合い、

右側の部分が親水性で水に近づきたがる

という性質がある。


この物質が水の中に溶けるとどうなるか?

というと、


親水性の箇所は水に近づき、疎水性の箇所は水から離れる。


となるとどうなるか?というと、



こんな感じで、水表面すれすれで親水性のところのみ水と触れていると思いきや、

こんなトリッキーな形にはならず、



こんな感じで、疎水性の箇所を内側に

親水性の箇所を外側に、

さらにこの構造が3Dの球体になったら、

疎水性の箇所がすべて球体の中心に集まり、

球体の表面はすべて親水性となり、

見た目、脂肪酸塩が水に溶けたことになる。


この形状をミセルと呼び、

悪臭の原因は球体として集まり、

この球体は水に溶けていることになるので、

球体を含む水をどこかに流したら悪臭がなくなることになる。


食器の水に溶けにくい油を洗い流す時にもこの現象を利用する。