用水路の端で腐植が堆積してた


昨日の腐植が堆積して草が繁茂していた箇所。

この用水路では同様の箇所がいくつか見られ、

ある箇所では



枝が横たわっていた。


この枝だけど、

よくよく見るまでもなく、



キノコがびっしりと生えていた。

このキノコによってこの枝は朽ちていくのだろう。

キノコの底力


落ち葉が適度な湿気を持つので、

落ち葉の上に落ちた枝には浸透圧当たりで絶えず水が供給されて、

キノコにとって生育しやすい環境になっているような気がする。


枝の主成分であるリグニンがキノコにより分解されて、

フェノール性化合物といった黒い液体が絶えず落ち葉に落ちているはずで、

枝は腐植になるか?


フェノール性化合物は弱酸を示すから、

落ち葉の下にある様々な物質に影響を与えるのだろう。


この用水路では下はコンクリートだけど、

実際の森を想像してみたら、この下にはきっと石があるはずだ。


というわけで、

高アルカリ性の温泉から土を考えるへと続く