舗装された道のちょっとしたヒビ割れからキク科のツワブキらしき草が生えているのが目に付いた。

君は上にいる低木が平面に整形されているのでここに生えたのか?


よく見ると道路の端なので、舗装の下の土の量も機会できないはず。


それにも関わらず、この葉の展開量は凄い。



花まで咲かせている。

一体この草は何を糧にして成長しているのだろう?


土ではなく舗装そのものから養分を吸い出していたりして?


緑肥で今見ているツワブキのような特徴のあるものがいれば何かと心強いな。