大歩危からの帰りに

大歩危の三名含礫片岩




阿波の土柱に立ち寄った。

天下の奇勝「阿波の土柱」 | 阿波市



阿波の土柱は株式会社誠文堂新光社 / 年代で見る 日本の地質と地形に記載されていたのでずっと気になっていた。


土柱というのは今まさに侵食によって山が崩壊している最中で、脆い箇所から崩れている為、



風化に強い箇所が柱として残っている。



柱の先端を望遠で見ると、



礫があり、



崩れている箇所も礫が転がっている。



阿波の土柱は吉野川の北側に位置している。

川の南側?に位置していた大歩危は三波川変成帯に位置していたが、


20万分の1日本シームレス地質図


北側の阿波の土柱付近は堆積した場所とされている。

南北でこんなにも色が違うのは興味深い。