徳島県の石材で阿波の青石というものがある。

吉野川周辺の道路を走っているとよく緑色の石を見かける。


徳島県の端の鳴門にあるインターチェンジで




とても綺麗な阿波の青石があった。



扁平化した緑色の岩が重なっているように見える。

阿波の青石は緑泥片岩(緑色片岩)だ。

吉野川で緑泥片岩探し


緑泥片岩は綺麗なだけではなく、細長い形に加工しやすい特徴を持つため、古墳時代から古墳の石室等で使用されていることが多いらしい。

この話は大阪の高槻で得た話なので、今はこれ以上触れず、そのうち触れることにしよう。


上の写真の石碑の横に、



大鳴門橋の石碑があった。

岩を割って表面を研磨したもののようだ。



線が波打っていて不思議な模様をしている。

この模様はプレートの沈み込みの際に発生した大きな圧力に因るものかと思うと、地球規模のダイナミックな話だなと。


関連記事

く溶性苦土と緑泥石