Go言語でQtのQGroupBoxを使って、QFormLayoutとQGridLayoutを組み合わせた下記のような図を作ってみる。


QFormLayoutについては下記の記事に記載している。

Go言語でQtのQFormLayoutを使ってみる


QGridLayoutについては下記の記事に記載している。

Go言語でQtでQGridLayoutを使ってみる


QGroupBoxというのは、各レイアウトをグループ化出来るようになり、

一つのWindow内で複数のレイアウトを配置したい時に利用する。

QGroupBox Class | Qt Widgets 5.11

Group Box Example | Qt Widgets 5.11



package main

import (
	"os"

	"github.com/therecipe/qt/widgets"
)

func main() {
	//go言語でqtを呼び出す
	app := widgets.NewQApplication(len(os.Args), os.Args)

	//central画面を作成する
	window := widgets.NewQMainWindow(nil, 0)

	//フレームワークの大きさを決める 第一引数が幅、第二引数が高さの指定
	window.SetMinimumSize2(400, 300)

	//フレームワークにタイトルをつける
	window.SetWindowTitle("Hello Ryoko")

	//フォームレイアウトをグループ化
	group1 := widgets.NewQGroupBox(nil)
	group1.SetTitle("form layout")

	formLayout := widgets.NewQFormLayout(nil)
	input1 := widgets.NewQLineEdit(nil)
	formLayout.AddRow3("string", input1)

	//作成したフォームレイアウトをグループにセットしてみる
	group1.SetLayout(formLayout)

	//グリッドレイアウトをグループ化 NewQGroupBoxでtitleもまとめて作成
	group2 := widgets.NewQGroupBox2("grid layout", nil)

	//グリッドレイアウトを作成する
	gridLayout := widgets.NewQGridLayout2()
	label := widgets.NewQLabel2("value", nil, 0)
	gridLayout.AddWidget(label, 0, 0, 0)

	input2 := widgets.NewQLineEdit(nil)
	gridLayout.AddWidget(input2, 0, 1, 0)

	//作成したグリットレイアウトをグループにセット
	group2.SetLayout(gridLayout)

	//新たにQGridLayoutを用意して、今まで作成した各グループを追加してみる
	layout := widgets.NewQGridLayout2()
	layout.AddWidget(group1, 0, 0, 0)
	layout.AddWidget(group2, 1, 0, 0)

	//空のウィジェットを作成して、各グループを含めたレイアウトを設置する
	widget := widgets.NewQWidget(nil, 0)
	widget.SetLayout(layout)
	window.SetCentralWidget(widget)

	//作成したwindowを表す
	window.Show()

	//Qtアプリケーションを実行する
	app.Exec()
}

Qグループボックスを使うと、タイトル付きのグループボックスフレームができる。