道沿いにフェンスがあった。

フェンスの上には有刺鉄線がはられている。


このフェンスに



ヤブガラシが巻きついていた。

ヤブガラシの執念


ヤブガラシはフェンスを伝って上へ上へと伸長していく。


このヤブガラシにとってh,



有刺鉄線なんて関係ない。

有刺鉄線にも巻きつきながら上へ上へと突き進み続けた。


有刺鉄線には鳥も止まらないだろうから、

ヤブガラシにとっては物理的に切られるであろう要因も減ってパラダイスのようなところだろう。