今まで気が付かなかったのが大変恥ずかしい内容ではあるが、SOY CMSから出力されたサイトマップがSearch ConsoleでほとんどのURLが除外されていた。

除外理由は重複しています。送信された URL が正規 URL として選択されていませんであるらしい。


詳細を読み進めてみると、Googleが既にインデックス登録したURL(正規URL)とサイトマップに記載されていたURLが異なるらしい。


何でこんな事になっているのだ?と正規URLとサイトマップのURLを比較してみたところ、正規URLの方がカノニカルURL挿入プラグインから出力されたURLになっていた。

SOY CMSのカノニカルURL挿入プラグインでトライリングスラッシュの設定を追加しました


どうやら、Googleのクローラがサイトマップの読み込みよりも前に、独自でカノニカルURLの方を登録していたようだ。


カノニカルURL挿入プラグインとサイトマッププラグインから出力されたURLには二箇所程違いがあって、それがSearch Consoleの方で除外の対象になっていたようだ。


というわけで、サイトマッププラグインの方でカノニカルURL挿入プラグインの設定を反映するように改修してみた。


今回の機能は下記のURLにあるパッケージでご利用できます。

※SOY Shopの方も同様の対応をしています。

https://saitodev.co/soycms/