表題の通りですが、



SOY CMSとSOY Shopの管理画面で利用しているjQueryやBootstrapをCDN(コンテンツデリバリネットワーク)経由で読み込む設定を追加しました。

コンテンツデリバリーネットワーク - Wikipedia


SOY CMS3系とSOY Shop2系の管理画面ではBootstrapを用いているが、プラグインも合わせて14個のファイルを読み込んでいます。

軽量なファイルとはいえ、14個もファイルがあると、それなりにサーバの負荷がかかることになるので、可能な限りCDNからの送信にすることで、自身のサイトの負荷が下がります。


ライブラリをCDN経由で読み込む為の手順は、

/CMSインストールディレクトリ/common/config/user.config.php.sample

/CMSインストールディレクトリ/common/config/user.config.php

にリネームして、最後の行あたりにある

//jQueryやBootstrapの読み込みをCDN経由に変更する
//define("SOYCMS_READ_LIBRARY_VIA_CDN", true);

//jQueryやBootstrapの読み込みをCDN経由に変更する
define("SOYCMS_READ_LIBRARY_VIA_CDN", true);

のようにコメントアウトを外します。


今回の切り替えはリンクの色が変わるといった事がありますが、リンクの色は徐々に修正していく予定です。


今回対応分を含んだパッケージは下記のサイトからダウンロード出来ます。

https://saitodev.co/soycms/

https://saitodev.co/soycms/soyshop/