Go言語のGo MobileでAndroidアプリを開発してみるで、

Go言語でAndroidアプリを開発出来る環境を設けた。


開発を快適にするために、開発機にAndroidのエミュレータを入れてみた。

まずは環境をまとめてみる。


開発機

Lenovo Ideapad 720S プラチナ

CPU : AMD Ryzen 5 2500U APU ( 2.00GHz 2MB )

OS : Ubuntu 18.04

メモリ : 8.0GB PC4-17000 DDR4 (オンボード) 2133MHz

グラフィック : APU内蔵グラフィックス

Java:10.0.1

Android Studio:3.1.4

QEMU:2.11.1

QEMU - Wikipedia


はじめに必要なライブラリをインストールしておく。

sudo apt-get install lib32z1 lib32ncurses5 libbz2-1.0:i38 lib32stdc++6 libcanberra-gtk-module:i386

早速、Android Studioをインストールしてみる。

下記のページから該当するOS向けのファイルをダウンロードする。

Download Android Studio and SDK tools  |  Android Developers


ダウンロードは800MB近くあるのでしばし待ち、

ダウンロード後に再び端末を開き、下記のコマンドでAndroid Studioのインストールの作業を続ける。

sudo mv ~/Download/android-studio-ide-173.4907809-linux.zip /usr/local
cd /usr/local
sudo unzip android-studio-ide-173.4907809-linux.zip
sudo rm android-studio-ide-173.4907809-linux.zip

# PATHを通す
cd
echo 'export PATH=$PATH:/usr/local/android-studio/bin/' >> .zshrc

#設定の反映
source ~/.zshrc

# Android Studioの起動
studio.sh


この画面が表示されたら、

画面の指示に従い、インストールの作業を進める。




Android Studioが動作するようになったら、Android Studioを閉じ、

端末を開き、下記のコマンドを実行する。

# Android Studio エミュレータ
sudo apt-get install qemu-kvm libvirt-bin ubuntu-vm-builder bridge-utils virtinst cpu-checker
kvm-ok

下記の結果が返ってくることで、必要なライブラリが入ったことを確認する。

INFO: /dev/kvm exists
KVM acceleration can be used

Kernel-based Virtual Machine - Wikipedia


下記のコマンドでKVMに作業中のユーザの使用権限を与える。

sudo adduser {権限を与えたいユーザ名} kvm
sudo chown {権限を与えたいユーザ名} /dev/kvm

ここまで出来たら、

再びAndroid Studioを開き、Androidエミュレータを動かせるようにする。

Android Studioが表示されたら、




画面右上にあるスマホのアイコンをクリックする。



Your Vitual Devicesの画面が表示されたら、画面の指示に従い好みのエミュレータを入れる。




エミュレータが出来たら、実行ボタンを押してみて、



エミュレータが立ち上がることを確認して修了。