大阪前田製菓のしまじろうのにぎにぎボーロというお菓子をいただいた。


とりあえず原材料を見る。

これ鉄則!


というわけで裏をみたら、



卵殻カルシウムという表記があった。


卵殻カルシウムと言えば、


卵の殻をプランタに播いた


卵の殻だ!


卵の殻を粉砕して、おそらく加熱消毒をしたものを混ぜているのだろう。


主成分は炭酸カルシウム

胃酸と反応して、pHを上げつつカルシウムが摂取できる。

しかも残留性無しの成分で、

飼料にもよく使われるらしい。


更には、

pHを上げるということで、

胃薬の原材料にも使われている。

石灰はpHを調整する為に使うもの


卵の殻を単純に廃棄するのはもったいないな。


ところで、

幼児はなかなか胃もたれしないと思うけど、

卵の殻でより安定になるんですかね?