植物を知りたければ、真上からその植物を見ることだ

と以前、どこかで読んだか、誰かから言われた。



上から見ることによって、

一株からたくさんの葉が発生しているのに、

上の葉が下の葉を完全に覆っている葉がほぼないことに気がつく。


植物は葉で太陽の光を受光することで大きくなるため、

上の葉が下の葉を覆ってしまうだけでロスとなる。


葉は緑である限り、呼吸を行っているわけで、

呼吸を行っている限り、エネルギーは消費され続ける。


だから、互いの葉は重なり合わない様になっている。


真上から見るだけで、

今回の様なことがわかるわけで、

様々な角度から見るというのは大事だよ

という話でした。


ここから葉序や黄金角という話に入っていくけど、

この話は今は触れないでおく。