線路沿いの金網にて



つる性の植物が周りに背の高い草がいないにも関わらず、

網目に巻き付きながら伸長を続けていた。


このつる性の植物だけれども、

周りに競合がいず、めいいっぱい光を浴び続けて伸長を続けたわけで、



網目の高さを余裕で超え、

何者にも巻き付かず、風が吹く度揺れていた。


ここは線路沿いだ。

数分に一度電車が通過する場所でもあるわけで、

数分に一度の電車が巻き起こす風に揺られる。


周辺に草がいなければ、茎の伸長を少なくするということができれば、

頑丈な草になれただろうけれどもそれはできないみたいだ。


密集していた場合は茎をはやく伸ばすということはできるのにね。

全員揃って大きくなれば勝ちとなる


通常より短くという選択ができる植物が居たとしたら、

その草はきっと場を支配するだろう。