しなって、動物の背中を覆うで(ヌスビト)ハギのさやについて記載した。



このさやはひっつき虫と呼ばれ、



このように衣類の繊維にひっつく。


このさやがどうなっているのと話題に挙がったので、

頑張って撮影してみた。


頑張って撮影してみたのがこれ。



これはさやのふくらみ一つ分。

縁になんだか目立つ毛が!



一つ一つの毛がかぎ爪の様な形をして、

同じ方向を向いていた。


これならひっつくことができるね。


一応、この植物もマメ科だし、

さやの中には高タンパクのマメがあるに違いない。


マメを求めて食べる動物がいるだろうけど、

さやごと食べたら喉が痒くなりそうだ。


よくよく考えると枝豆もさやには毛がたくさん付いているけど、

もしかしたら、このハギのさやと同じような毛があるのかな?