排水口のところから大きな花が咲いていたので目に付いた。

引っ張ってみたけど抜けなかったので、この中で発芽した草らしい。



近づいて撮影してみた。

夏の炎天下でアスファルトがめちゃくちゃ熱い。



確か蕊って暑さに弱くなかったっけ?

こんな地面すれすれだと虫も熱くて寄りつけないのでは?と思ってしまう。


この花が何か知らないけれども、

おそらくテッポウユリかその近縁の花であるとすれば、

下記のページで自家受粉可となっているので、蕊が熱でやられないかだけの問題なのだろう。

タカサゴユリ / 国立環境研究所 侵入生物DB




舗装された道路がこんなにも熱いと、

道路の熱気もまた体感温度を上げる要素なのだろうなと痛感する。


少し前に温暖化対策として白い道路の話題があったけれども、

その結果はどうなったのだろうとふと頭に浮かんだ。