ブナ科のアラカシの根元に目立った低木があった。





種類はわからないけれども、マメ科のハギの仲間か。

草のヌスビトハギばかりのところで、低木のハギがいたのは嬉しい。


冒頭のアラカシの根元をよくよく見てみると、



マメ科のフジがいて、

カシの木の上をフジが覆う


フジの右側に視点を移すと、



マメ科のクズがいた。

ブナ科の木の上の方で紫色の花が咲いている


これらのマメ科の植物は強いから、奴らの陣取りの戦いが勃発するか?

地面を這いつつ、背の高い木に巻き付くクズが優勢になるか?


なんて書いたけれども、ここは頻繁に人の手で草刈りが行われているので、均衡は保たてるだろう。


関連記事

荒れ地に生えるパイオニアのハギ