アラカシの根元で始まる陣取りの記事で見たところからほんの少しだけ離れた所で、クズが旺盛な場所がある。

なんだかんだで最終的にはクズが周辺を覆ってしまうのだなと思いきや、



所々で小さな花を、しかも大量に咲いている事を見かける。



これはヒルガオ科のホシアサガオか?




クズを利用しつつ、うまく間をぬって、葉を綺麗に展開している。

初期生育をクズに遮られなければ、ホシアサガオは簡単に優位に成長出来るようになる。


やはりヒルガオ科の草は強いな。




こうも綺麗にクズを利用しているのを見ると、


ネギ畑にネナシカズラが現れた


ヒルガオ科の中から、完全に寄生になった草が現れたということも何か納得できる。


関連記事

マメアサガオが咲いている