緑肥としてクローバを採用するとなんかいいことがあると聞いて、

種カタログを見てみると、

クローバに何種類もあって何を選べばわからない。

ということが多々あるみたいです。


赤クローバ、白クローバ、アルサイクローバ、クリムソンクローバ


カタログに説明文があるけれど、

それだけではイメージしにくいなと。


そんな時は自転車に乗って、

河川敷を走ってみよう!


何かヒントがあるはず。





早速あった。


赤クローバと白クローバが自生していた。

しかもどちらも開花時期ときたもんだ。


分布はこんな感じ。



手前の背丈が低いのが、




白クローバで、


奥の背丈が高いのが、



赤クローバ。


すごい単純に比較したとしても、

単位面積あたりの有機物量は赤クローバの方が多いね。


背丈が高い植物は

深くまで根を伸ばす傾向があるので、


白よりも赤の方が深く根が張りそうだということがわかる。


土改としての緑肥だったら、

赤クローバの方が効果がありそうだね。


まぁ、

実際はそんな単純な話ではないんだけど、

それはまたおいおい


関連記事

シロクローバは匍匐する