続・アンモニア臭は酸化で消そう

生物にとって電子は大事だから、

有機物を酸化して電子を取り出して糧にする

ということを記載した。


そうなるとだよ、

老朽化水田は文字通り泥沼で記載した



老朽化水田の発生っておかしいって思わない?


/*******************************/

土に蓄積した硫酸石灰が還元されることで、

人体に有害な硫化水素(H2S)が発生したみたいだよ。

/*******************************/

と記載した通り、

硫酸石灰が還元されることで硫化水素が発生している。


ここで発生している還元は、

硫酸塩還元細菌という菌で、

有機酸 + CaSO4 + 2H+ → Ca2+ + nCO2 + mH2O + H2S

という過程を経て、硫化水素を発生する。

(有機物の大きさが分からないので、発生する二酸化炭素と水の量は不明)


この反応では、有機酸から電子を取り出し、硫酸塩を還元する。


生物にとって電子が大事だというならば、

何故大事な電子を硫酸塩なんかに渡しているの?


なんて言っても明確な理由はわからないんだけどね。




ここで一つ微生物の特徴の一つとして、

有機物を分解した時の産物の回収が非効率

ということがある。


どういうことかというと、



ある有機物を分解する時、

細胞の外に向かって酵素を放出し、

細胞外で有機物を分解して、小さくなった産物を取り込む

という流れで、


当然ながら、産物の回収漏れが発生する


回収漏れが発生するが故に、

周りの生物や物質がその産物を利用することができる。


更には、

放出した酵素はしばらくの間動くことができ、

新たに入ってきた物質に対しても反応することができる。


放出された酵素を土壌酵素と呼び、

土壌の生化学的な反応を継続して行う。


酵素はタンパクでできているため、

不活性になった時にタンパク断片として土に残るり、

それが土の化学性を高める要因となるのは以前記載した。

土とは死骸の塊である


無駄があるが故に全体が回る。

生態系の中ではよくある話。