秋の風物詩といえば、

ススキ!


もそうだけど、



セイタカアワダチソウの開花の時期でもある。


写真に写っている風景はセイタカアワダチソウの群生

と思いきや、



ところどころでエノコロの穂を見かける。

エノコロはアワダチソウに負けたか?と思いきや、


エノコロはとっくに穂を実らせ、

タネはおそらくほぼ落ちた状態だろう。


ここには勝ち負けではなく、

エノコロから続くアワダチソウという関係が見える。


こうやって、ここではこの関係が続いているんだろうなとしみじみ思う。


それでもきっと、

この場所は草の勢力は毎年一緒というわけではなく、

少しずつ変化しているのだろうなと。