先日、京都府立植物園に行ったら、




モモイロタンポポ(クレピス)があった。

どこの本で読んだか忘れたが、

いつぞやの園芸ブームで栽培が流行ったらしい。


海外からやってきた外来種である。


とりあえず総苞片(そうほうべん)を確認してみると、



総苞片は反り返っていなかった。

和タンポポが幅を利かせていた


セイヨウタンポポの総苞片は反り返って、

海外からやってきたモモイロタンポポは反り返らない。


セイヨウタンポポは単為生殖(受粉せずに実をつける花)なので、

反り返りはそんな特徴からきているのかな?

なんてことをふと思った。


単為生殖だから、一つ一つの卵子が大きく、

総苞片の内側にある組織が肥大化してしまったとか。


これ以上調べてないから知らんけどね。

モモイロタンポポ - Wikipedia