とある道端で草たちが伸長を競い合っているところがある。

目立った草はヨモギとクズで、所々にブナ科の木の幼木があったりする。


ここで気になったのが、



クズの葉がヨモギの下にいることが多いことと、



ヨモギの上にいる場合は、葉が何か浮いているように見えること。


クズにとって、ヨモギの葉は絡みにくくて、なんとか絡んだとしてもヨモギの成長がはやくて、ヨモギの上をうまく覆えないのか?


たまたま目についた光景で、ここだけの話かもしれないので、引き続き、ヨモギとクズの関係を見ていくことにしよう。


関連記事

ヨモギの葉の表面の白さは何だ?