レッドキャベツのスプラウト

レッドキャベツは赤い色素を溜め込む品種らしい。


発根に目を向けると、



上の写真では色が薄いけれども、

向きによっては鮮やかな紅色に見える。


本来であれば地中にある根で色素は関係ないように思う。



フタをしているので、

白い容器であっても根の周辺はそこそこ暗いはず。


それにも関わらず根に色素が蓄積されている。


そういえばニンジンも根に色素を溜め込むな。

根に色素を溜め込む理由は何なのだろう?


色素を溜め込んで、なんか良いことあるのかな?


関連記事

赤水菜は葉柄にアントシアニンを蓄える