○○丘という地名の住宅地。

○○丘という地名だけあって緩やかな斜面が続き、

気がついたら結構高いところに到達しているという住宅地。


その住宅地のとある交差点の前に



伸長よりも大きな岩があった。

しかも、アスファルトがこの岩に合わせて固められていないか?


一体この岩は何なんだ?


ということでまじまじと見てみた。



うん。

縦方向に流理構造(白い結晶が平行に配列してできた縞模様)があるとことは、

おそらく流紋岩と見てよいか?

玄武岩を磨くと中は黒でした


近くに標高600mぐらいの山があるから、

この岩はその山に関係しているのかな?


近い内にその山に行ってみたらなにかわかるかな?