前に雷の日に菌床に菌を植え付けるとキノコがよく生えるというという話を聞いた。


先日、台風による大雨があった。

落雷はあったかな?


よく覚えていない。


まぁ、それは良いとして、


台風の翌日、

小雨だけど雨が降り続いている。

台風一過にならなかった。



道路の端の切れ目から



キノコが生えてた。


ここは背丈の高い草が生えていて、

それらの草が刈り取られたところだけど、

朽ちた夏草を糧にしてキノコが生えたってところかな?


となるとだよ、

夏の終わりから秋のはじめにかけて、

植物性の有機物って土に還っていくことになるのね。

強靭なあれを壊すための連携