昨日、ハウス内で10分程、人が来るのを待っていたので、



足元にあった培土を見ていた。

培土というのは、



こんな感じでセルトレイと呼ばれるところにタネを蒔いて、

育苗施設等で一括管理して、

ある程度の苗になったら畑に植える。


このセルなりポットに入れる土を培土と呼んでいる。


でだ、



培土をまじまじと見てみると、

ほとんどが後に腐植になりそう(もしくはもうなっている)軟らかい木質系の資材が大半で、

鉱物系は白い粒しか見られない。

土壌のアルミニウムが腐植を守る


これって軽石(日向石)だよね?

軽石もスコリアの一種か?


軽石だとすると粘性が高い火山の火山砕屑物になる。

玄武岩を磨くと中は黒でした


この手の粒子は腐植が溜まりにくいというイメージがある。

砂丘農業の土では腐植が溜まりにくいのか?



しかしだよ、

セルトレイでの栽培?というのは、土作りを行う必要なんてないわけで、

ここで腐植が溜まらなくて良いわけだ。


それより大事なことといえば、水はけと軽さがある。

培土に軽石はうってつけだよな。


そうこう考えている内に、

待ち人がやってきた。