道端で咲いていたタンポポの花が目についた。

写真ではわかりにくいけれども、花がやたらと大きい。


しかも、密集して咲いているところの花が大きい。


一番最初の写真の左側にもタンポポがあるけれども、

密集していくて広々と花を咲かせているのに、

密集している中央の花の方が大きい。


それぐらいこのタンポポの花の大きさが気になった。


植物の大きさは様々な要因が複雑に絡み合っているのでなんともいえないからこれ以上触れない。


ここで咲いていたタンポポは



萼がたれているのでセイヨウタンポポということになるわけで、

このタンポポは単為生殖であるはず。

和タンポポが幅を利かせていた

コンクリートの上の激戦区


単為生殖であれば昆虫による花粉の媒介は不要になるわけで、

ここまで目立たなくても子孫を残すことができる。


それでも尚目立ち続けるということは、

周辺の他の植物に目を向けさせないで受粉を成立させず、

光の競争でも勝ちつつ、受粉関係の流れもすべて掌握しようというのか!


そんな風に思える程、



この花の大きさは気になった。