庭の生ゴミを埋めているところのすぐ横に凹地で落葉が少し堆積している箇所がある。

ここは掘らずに放置していたのだけれども、



初春に見かけるナデシコ科らしき小さな葉の草が展開していた。



落葉をうまく避けて葉を展開しているように見える。

小さい葉だからこその事だろう。


こういう草が落葉を覆うことで湿気を維持して、他の生物が集まる基盤を形成するのだろうな。